チビちゃんと行く3泊4日の旅 in 台湾 ⑤

台湾最終日!インタウンチェックインをしてみた!

2018.1.7
→ 10:30 チェックアウト

台湾旅も最終日。飛行機の搭乗時間は17:40なので、朝はゆっくりと過ごすことができます。今回はEVA航空なので、台北駅でインタウンチェックインをすることにしました。

インタウンチェックインは “チャイナエアライン” “エバ航空” “マンダリンエアライン” “ユニエアー” のみが利用できるチェックインサービスです。

こちらを利用するには、搭乗時間の3時間前までにチェックインをする必要があります。利用時間は6:00~21:30となっております。それ以外は通常の空港でのチェックインとなります。

セルフサービスチェックイン

まず、MRT桃園空港線の台北駅に隣接しているチェックインカウンターへ向かいます。そちらに設置されているセルフサービスチェックインの機械でチケットを発券します。

画面の指示に従い、パスポート、Eチケットを登録していきます。操作がわからなくてもスタッフの方が親切に教えてくれるので安心です。

セルフサービスチェックイン 預け荷物

チケットを発券したら、上の写真のマシーンまで行きます。こちらもスタッフが誘導してくれるので、すぐに分かります。

そして、マシーンの中に預け荷物を入れ、チケットのバーコードを機械にかざし、荷札を発行します。発行した荷札を預け荷物に取り付けると蓋が閉まります。

あとは、マシーンの反対側にあるモニターで荷物がX線検査を通過したかを確認すれば完了です。

全てが初めてのことだったのでドキドキしていましたが、ほとんどスタッフの方がサポートしてくれたので10分ほどでチェックインができました。

インタウンチェックインが出来ない時は、出発2時間前に空港へ行ってチェックインしなくてはいけないですが、搭乗時間30分前までにゲートに行けばいいので、時間に余裕ができるのと身軽に移動できるのでラクラクです。

台北へ行くときは、このサービスが利用できる航空会社がおすすめです。

→ 12:00 台北101へ

チェックインも済ませたので、15:00ぐらいまではゆっくりとすることが出来ます。

チビちゃんがお友達のお土産に “台湾ってわかるものを買いたいねん” と、言いながら “台北101” を模ったキーホルダーをたくさん買っていたのですが、台北101には行ってもいないし、見てもいないなと思い、せっかくなので最後に行くことにしました。

台北101

途中、頼まれ物などショッピングをしながら台北101へ向かうと、101に近づくにつれチビちゃんは “わぁ~、むっちゃデカいなぁ~!あべのハルカスとどっちが高い?東京スカイツリーとどっちが高い?” と、やや興奮気味に質問攻め。はっきり分からない私は “どれもデカい!” しか言えずタジタジ。

その答えは

  1. スカイツリー:634m
  2. 台北101:509m
  3. あべのハルカス:300m

でした。ちなみに世界で一番高いビルは2018年現在、ドバイにある “ブルジュ・ハリファ” で828mだそうです。

そして、台北101に到着。あいにくの雨なので展望台に昇ってもいい景色は望めなかったので、昼食でも食べて帰ろうかとレストランに行ってみました。

しかし、かなりの人でどこのお店も行列で、フードコートも満席だったので諦めて台北駅まで戻ることにしました。台北駅の地下街は比較的空いており、Z区にあるローカル食堂で昼食を食べ、チビちゃんも疲れていたので早めに空港へ向かうことにしました。

チェックインを済ませていたので、そのまま出国カウンターへ行きましたが、お正月だったからか、かなりの行列で1時間近く並びました。

桃園国際空港

EVA航空は第2ターミナルからの出国。

出国手続き後、搭乗ゲートに向かいましたが、かなり離れており、歩くこと10分。ようやく到着たと思ったら、第1ターミナルから出国するほうが近かかった。

インタウンチェックインもし、早めに空港に向かったのに、何だかんだで時間が過ぎており、程よい疲れで飛行機に搭乗。おかげで飛行機では熟睡することができました。

なにはともあれ、無事に帰国することができてよかったです。

“チビちゃんと行く3泊4日の旅 in 台湾” 最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク
トップへ戻る