パワースポット巡り in 島根

フル充電でステキな一年を送ろう

節分が過ぎ、また新しい一年が始まります。一般的には1月1日の元旦が1年の始まりとなっていますが、実は2月3日の節分が旧暦でいう大晦日にあたります。厄を落として季節の変わり目に入りやすい邪気を防ぎ、また、無病息災と幸せを願い新年を迎える行事として豆まきが行われてきたそうです。

そして今回は、新年を迎えステキな一年となるようにパワーをもらいに島根県へ行ってみました。

2018.2.24
→ 7:59 新大阪 出発 (のぞみ97号 博多行)

土曜日出発だからか、新幹線も満席に近い状態でした。朝ご飯を買って新幹線に乗り込みましたが、岡山で乗り換えのため少しガマン。

→ 9:04 岡山 発 (特急やくも5号 出雲市行)

JR西日本が岡山ー出雲市駅間を山陽本線・伯備線・山陰本線経由で運行している特急電車、その名も “ゆったりやくも”

その名の通り、足元スペースなど “ゆったり” しており、いい感じの車内。しかし、巷では “振り子式特急” とも言われており、揺れが半端じゃないらしい。乗り物酔いに縁のない人でも酔ってしまったなどの声があります。

特急 やくも

ワクワクしながら “やくも” に乗車し、ガマンしていた朝食をテーブルにセットして(パンと飲み物だけですが)出発を待ちます。

発車合図の後、ゆっくりと進み始めました。いよいよ出発です。

しばらく、どんなに揺れるのか様子を見ていたのですが、特に気にならなかったので朝食を食べることにしました。

景色を楽しみながら “ゆったりやくも” を楽しみ、テーブルの上を見てみると、確かにテーブルの上の物が端のほうに移動していました。かなり揺れているみたいです。ただ、私自身は気にならず、リラックスして乗車することができました。

しかし、リラックスしすぎてトイレに行きたくなり席を立った瞬間、ガタッガタッガタガタ~と、かなりの揺れを感じ真っ直ぐ歩くのは困難な状況。

“う~ん、確かに揺れに敏感な方は酔ってしまうかも” と思いながらも、乗り物好きの私は何事もなく松江駅に着くことができました。

→ 11:40 松江駅 着

岡山から約2時間40分で松江駅に到着。次に目指すは島根県のパワースポットその1 “八重垣神社”。松江駅からはバスで移動します。

と、その前に腹ごしらえを。電車の中で朝食を食べましたが、お腹はお昼ご飯を欲しがっています。松江駅周辺は商業施設があるので、飲食店はたくさんあります。しかし、せっかくなので郷土料理をと思いお店を探してみました。

駅から徒歩5分ぐらいの所にある “根っこや” さんという海鮮料理のお店にお邪魔しました。店内は民芸茶屋のような造りで落ち着いており、席にもよりますが店の前に流れる大橋川を眺めながらお食事を頂くことができます。

やっぱり、海の近くなので新鮮な海鮮料理を食べようと思いメニューを眺めていると、お肉が目に入ってきました。

魚…..。お肉…..。魚…..。お肉…..。夜、のどぐろ……。

ってな感じで、こちらをオーダー。

ローストビーフ重

ご飯の上にビッシリと島根牛が敷き詰められた “ローストビーフ重”。サラダや茶わん蒸しなどがセットになっており、食後にはデザートとコーヒーまで出てきたのにお値段はとってもリーズナブル。

柔らかくあっさりとしたローストビーフで、甘めの醤油たれがしみ込んだご飯を巻いて口に運ぶと、程よいお肉の脂が口の中でフワァ~と広がってとろける感じ。一口…また一口とお箸を休めることなく味わっていると、あっという間に完食。本当にどれも美味しく頂くことができました。

さて、贅沢ランチの後は、八重垣神社へ向かいます。

パワースポット巡り in 島根②へ続きます。

※最後までお読みいただきましてありがとうございました。

トップへ戻る